スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代

今日、Barack Obamaは合衆国大統領として就任した。建国以来初めてのアフリカ系アメリカ人。(アフリカ系と白人との混血)国中の人間 が新しい政権に大きな期待を寄せている。今々私はアメリカを誇りに思います、そして将来に希望を持っている。

この切ない8年間、私達は能が無いで物欲しげ自己中心暴虐非道政権に絶え続けてきた。George W.Bushはこの国を戦争に引き入れた。アメリカ経済は不況である。殄滅の瀬戸際に居る。私達のは遂にすべての人達の辛抱が報われる、そして英邁律儀に満ちたな新たなリーダーの誕生に希望を共有できる。

就任演説で戦争が近いうちに終わる確約した。そして持続可能な再生可能なエネルギー政策を推進して、化石燃料依存体質からの脱却を現実化できる計画を立てている。私達の最優先事項は戦争と生態環境の壊滅避けるべきです。彼が約束を守ることを確信している。

今こそ思い切った改革に手を着けるべき好機である。Obamaさんの座右の銘は「YES WE CAN」です。成功するには互いに協力していかねばならない。私達皆が一つの世界の国民であることを知っている。一致団結を通じてのみ、私達の世界を脅かす危険に処することができるからである。

スポンサーサイト

前程万里

大統領選挙で誰が勝つであろうかと、すべての人々が固唾を飲んで見守った。 みんなBarak Obamaが勝つことを望んだ。 だけど、選挙に勝つには人種が何割。 Obamaさん はいろいろな人種の人と接触しているけれど、ぶっちゃける話し、沢山の人種差別主義者のアメリカ人がいます。 私はその選挙結果にほっとしている。

初めてアメリカを誇りに思います、そして世の中がよいほうに変わることを確信している。

言うまでもないすべては瞬く間に変わりません。 George W. Bushの支配の8年の政治的状況は、控え目に言っても極度に不安定であった。 次期大統領がその目茶苦茶を正すのに、長い間はかかるであろう。 しかし、もし私たちみんなが協力すれば、私たちはその国が今おちいっている混乱から救い出せるだろう。

私は将来に希望を持っている。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。